デザイナーになりたい人の為の専門学校情報

デザイン専門学校を卒業するとデザイン、特にグラフィックやWEBをメインとするような事務所に就職することが主な進路先と思われがちですが、それ以外にも印刷に関わる職業に就けることが多いです。
これはデザイン専門学校で学んだDTPなどの知識が役に立つからですが、そういった企業と講師とのつながりも篤いことから就職に有利となっているのです。
またセンス次第では平面デザイン以外にも様々なデザイナーになることが可能です。

デザイン専門学校に通うと将来どんな職業に就ける?

デザイン専門学校に通うと将来どんな職業に就ける? デザイン専門学校卒業後の気になる職業先ですが、グラフィックやWEBデザインなどをメインとするようなデザイン事務所以外にも様々な職種を挙げることができます。
たとえば印刷に関わる仕事などは特に多いのですが、やはりデザイン専門学校で学んだDTPの知識などが役に立つからです。講師などもデザイン事務所や印刷会社につながりがある方が多いのもこれを促進していると言えるでしょう。
また平面デザイン以外にも立体デザインを行うような工業デザイナー、ディスプレイ、インテリアデザイナーといった進路もあり、これらは学校在籍中の作品発表などでのセンスを見出されると特に有利となります。もちろん直接デザインに関わるようなデザイナーだけでなく、デザイン、印刷会社の営業職などでも学校で学んだ高い知識が有利になることはあります。

グラフィックデザイナーになりたい場合はデザイン専門学校に通うべき?

グラフィックデザイナーになりたい場合 グラフィックデザイナーは雑誌や広告などの宣伝媒体、商品のパッケージなどのデザインを主に担当するお仕事です。アーティスティックなセンスはもちろんですが、流行を把握するための情報収集力や洞察力、時代の潮流に合った完成なども必要とされます。グラフィックデザイナーとして活躍している人の中にはデザイン専門学校を卒業している人も多くいます。
デザイン専門学校ではグラフィックデザインについて体系立てて学べる他、実際に第一線で活躍するデザイナーから学ぶ機会があったり、人に教える能力に長けた講師から分かりやすく教えてもらえるというメリットがあります。会社によっては未経験の人でも採用してくれるところもありますが、実務を通して学んでいくことになるため、デザイン専門学校で学んでいないと基本部分がおろそかになってしまうという問題が起こる場合もあります。
もっとも、グラフィックデザイナーという仕事はセンスや感性など、学校の授業では学べない部分を問われることも多い職業ではあるため、学校を卒業していなくても活躍している人がいるのも事実です。
とはいえ、やはり職業としてその仕事をしていく上で、デザイン専門学校で基本的なことを学ぶことは大きなプラスになります。例えば高校を卒業したばかりの10代の人なら学ぶこともまだまだ多いでしょうから、学校へ通うのも選択肢の一つとして考えるとよいでしょう。

オススメデザイン専門学校関連リンク

あらゆる角度からデザインを学べる最先端の専門学校です。

デザイン専門学校